音痴になる人

2009年6月 8日 04:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
大抵の人は、幼い頃から教育機関や家庭などで様々な音楽に触れることにより、音程やリズムをとる能力が自然と養われます。しかし、幼い頃から音楽に関心がなく音楽に接する機会も少なかった人では、その能力は充分に養われず、音程やリズムをとることが難しくなります。また、幼い頃は音楽に触れて大きな声で歌っていても、成長していく内に音楽に触れたり歌ったりすることが少なくなり、音痴になってしまうこともあるでしょう。
音痴な人が家族にいるというのも音痴の要因になります。音痴な家族の歌に耳が慣れてしまい音程やリズムに対する感覚がずれた結果、音痴になってしまうのです。自分自身の感覚にずれがあるため、この場合は他人に指摘されるまで自分が音痴であることに気づきにくいかもしれません。
音痴には大きな声で叫ばないと歌っている感覚がないというタイプもいます。大きな声で叫ぶと音程に対する感覚が麻痺してしまい、音程が分からなくなり、聞く側に苦痛を感じさせてしまいます。日常生活の中でストレスが溜まりやすく、歌でストレスを発散させるタイプの人にはこのような音痴が多いです。
落ち着きがない自分勝手なタイプの人も音痴になりやすいです。普段から音楽をまともに聞かず、なんとなく勝手に音楽を理解して歌っている人は、正確に音程やリズムを把握しきれず、音痴になってしまいます。このように、生活環境や精神的なことがきっかけで音痴になっていくのです。
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

音痴になる人
音痴には大きな声で叫ばないと歌っている感覚がないというタイプもいます。大きな声で叫ぶと音程に対する感覚が麻痺してしまい、音程が分からなくなり、聞く側に苦痛を感じさせてしまいます。
音痴のパターン
緊張することや歌い慣れていないことで音痴になるパターンもあります。歌い慣れない歌を歌うため音程もリズムも外してしまうことや緊張して声帯が締まり、声がでないことが原因です。この場合は、歌い慣れることにより音痴の克服ができるので、音痴矯正の難易度も低いです。このパターンは音痴とはいえないかもしれません。
音痴矯正のための呼吸法
まずはリラックスして鼻で呼吸し、お腹に手を当ててお腹が動く感覚を確認してください。次にお腹がへこむまで口から息を吐き出してしまいます。充分に吐き出したら、鼻から息を吸いお腹が膨らむまで息を貯めて、その息を鼻から吐き出します。鼻呼吸を繰り返し行い、音痴の矯正に有効な腹式呼吸の練習をします。
音痴矯正の選曲
音痴を矯正するポイントは、一曲一曲の音程やテンポを理解することにあるので、焦って多くの曲を選曲する行為はいけません。
音痴克服までの流れ
リズム音痴の場合は、音楽のドラムの部分を聞き込んでリズムをとることで矯正します。
ハミングで音痴を矯正する
ハミングでは、鼻から息を抜いて発声することが大切です。口から息を抜くと声が外に出ていくため、自分自身の耳に聞こえる音の量が少なくなります。音痴の矯正
ボイストレーニングスクールでの音痴克服
ボイストレーニングのスクールは音痴を矯正するための設備が整っていて、ピアノやメトロノームなどの音痴を効果的に矯正出来る設備が整っています。音楽経験者でない限り自宅にピアノやメトロノームが揃っていることは少なく、自宅でのボイストレーニングは大抵、オーディオ機器を利用して独自の判断で音程やリズムを覚えていくというものになりますから、設備が整ったスクールでの本格的な音痴矯正は魅力的です。
音痴矯正のための共鳴
共鳴を意識しながら練習すると、自然と声を響かせる口の開け方をするようになります。音痴矯正のためには、ただ大きく口を開ければ良いということではなく、声を響かせるために口を柔らかく動かす口の開け方をする方が良いのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/90

コメントする

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する